奇跡講座を学び実践する

お問い合わせ

奇跡講座を学ぶ『 実践編 』

奇跡講座の学び方・実践編

学び方・実践編|学び方★目次|奇跡講座とは?|書籍編|ウェブ編|動画編|実践コラム|



奇跡講座を学ぶ『 実践編 』


    ” 人は自分が受け入れる用意ができたことだけを受け入れるのだよ。  ”         \(^_^)/   by アーテン


まず!はじめに。。。


『 奇跡講座 』をこれから学ばれる方、今現在・三部作に取り組んでいる方に

参考になる記事を見つけたので紹介します。


『 奇跡講座 』を学ぶ3つのポイント!

※『奇跡講座』の翻訳者、JACIMの加藤三代子さんの取材記事より抜粋。


自分に合った道かどうかを確かめるために、まず三部作に目を通す。


一貫したカリキュラムとして学ぶには、「教科書」であるテキストが特に重要。


ワークブックは、テキストの理論的枠組みの中でのみ意味がある。



2015年スターピープル記事

訳者が語る!

内なる教師に導かれる独習。
その道に進むのは、自主性が大切 !


これからACIM(奇跡講座)を学ぶ人や、
現在ワークブックに取り組んでいる方への
アドバイスを、 お願いします。


【 加藤さん 】

このコースは、万人向きの「万能薬」的なものではありませんから、
向いている人とそうでない人がいると思います。


" 自分のもつ価値観のすべてを疑ってみる意欲 "
(T-26.in.2:1)さえ 求めてくるコースですし、決して易しい道ではありません。


他人に薦められて学ぶようなものではなく、
自ら進んで学びたいという気持ちが必要 です。


ですから、これから学ぶという方には、 まずは、本当に自分に合っているかどうかを確かめてみる
というつもりで、三部作に目を通してみることをお勧めします。


もともと独習書として提供されている本ですし、特にテキストをひとりで通読できなければ、 少なくともその時点は、学ぶべき時期ではないと言えると思います。


最初は全部理解できなくても、最後まで興味を失わずに通読できて、

「 これを深く理解したい、学んでみたい 」
と感じるかどうかというところが、決め手となると思います。


独習と言っても、「内なる教師」に導かれる独習 ですから
完全にひとりで学ぶわけではありませんが、自主性は必要です。


グループや仲間といっしょでなければテキストを読み進められないようなら、
まだ学ぶ時期ではないと思います。


学習会や集いは、各自が独習していることを前提とした上での集まりであるべきです。


そうでないと、” 特定の人々から学ぶ ” という形になるので、

厳密には、
" このコース自体を学ぶことはできなくなってしまう "
可能性 があります。




現在ワークブックに取り組まれている方へ


【 加藤さん 】

現在すでにワークブックに取り組んでおられる方も、一通り修了した後は、
すぐにテキストとマニュアルを読むこと をお勧めします。


特に、テキストがこのコースの「教科書」であって、いちばん重要 ですから、
学び始めてから比較的早い時期にテキストを通読し、 その後も読み続けることが大切です。


テキストが指示しているような 一貫性のある理論 は、 ワークブックから読み取ることはできません。



ですから、" ワークブックだけ " を重点的にやり続けると、

テキストをしっかり読んでいる場合とは違った理解 に、なってしまいます。



そして、理論の理解が違えば、実践の仕方も違ってきます し、

テキストの解釈もワークブックに沿って歪曲されてしまうこと
さえあります。



ワークブックの序文の冒頭で、

” ワークブックは、テキストが教えている通りの
考え方ができるように心を訓練するためのもの ”

だと述べられています。


テキストがあってこそのワークブックであり

その逆ではないことを、忘れないでください。



※スターピープル Vol.56【 訳者が語る 】 p22〜23より抜粋



この記事の続きはこちら↓

勉強会によって、教えていることが違うのは何故か?


『奇跡講座』には、もう一つの学び方がある!




奇跡講座をまなぶ

奇跡講座とは?書籍編ウェブ編動画編実践編
エピソード三部作FACIMのQ&A第一回目3つのポイント
奇跡講座の目的学習資料JACIMのQ&A★☆訳者が語る
紹介ビデオ参考書籍・他リンク集★☆実践コラム

ウェブ学習三ヶ月コース

奇跡講座を学ぶ(実践編)目次

ページのトップへ戻る